ウードとは何か?その本質、歴史、そして影響

これ アーム、ウッディ、スモーキー、レザーの香りは、何世紀にもわたって中東や東南アジアの文化に欠かせないものであった。ニッチな高級香水メーカーのおかげで西洋でも人気が高まっている。

ウードまたはウードは、菌類に感染したアガーツリーから採取される芳香性の樹脂です。東南アジア、インド、バングラデシュの密林で自然に見つかります。多くの名前を持つウードは、 「神の木」としても知られています。 そしてさらに 液体の金

これは世界で最も高価な香料原料の一つです希少性が高く、野生で樹脂を生成​​するのに300年近くかかるため、 1キロあたり最低2万ドルの費用がかかります。

価値があるのは芳香性樹脂だけではありません。木のあらゆる部分が、さまざまな形で販売および輸出できます。これには、木片、粉末、香水、お香、薬用の油が含まれます

ウードの人気により、過去数十年間にわたって大幅に高まった需要が生み出されました。

しかし、それは激しい採取圧力と生息地の喪失を招いており沈香の採取は環境と地域社会の両方に影響を及ぼしている。

要約:

  • ウードは温かみがあり、ウッディで、スモーキーで、レザーのような香りがする
  • ウードは、東南アジア、インド、バングラデシュ原産の菌類に感染した沈香の木の樹脂から作られます。
  • 世界で最も高価な木材の一つです
  • 木片、粉末、香水、お香、薬用のオイルとして製造・販売できる。
  • 需要が供給を上回り、激しい伐採圧力と生息地の喪失につながっている

これは、ウードを探求する 3 部構成のシリーズの第 1 部です。今後のシリーズでは、ウードが地域社会や環境に与える影響、そして良心的な消費者である私たちが情報に基づいた購入決定を下す方法について掘り下げていきます。ウードのような高級ブランド製品について理解を深めることで、主流市場におけるそれらの真の価値と重要性をよりよく理解できるようになります。このシリーズでは、トレンドや高価で人気のある商品の魅力に駆られた衝動買いに抵抗することの重要性も強調し、より意識的で有意義な消費を促します。

最初にコメントしてみませんか

すべてのコメントは公開前に管理されます